理想の追求から生じるデメリットからの脱却

SI業界で働くエンジニアはクライアントから与えられた要求に対して、解決に導くためのシステムを考案して開発するというのが主な使命になります。エンジニアとして働いているとできる限りクライアントの満足度が高いシステムを考案しようと考えるでしょう。

しかし、その理想を追求するとキリがない場合もあるのが事実であり、考案したシステムを改良してはまた良い方法が思いつき、さらに新しいコンセプトを導入して改善するということを繰り返してしまうことは珍しくないようです。どこかでもう開発を進めて納品に持ち込むと決断しなければならないものの、向上心があるとまた改良を始めるということになってしまいがちです。その状況になると忙しさに苛まれてしまうのがデメリットであり、理想を追求するプライドがあるエンジニアほど忙殺される日々になってしまう傾向があります。

その状況に耐えられなくなってしまってSI業界からの転向を決意するエンジニアも少なくありません。仕事ばかりではなく家庭生活との両立も必要だと考えるようになると特に顕著になる傾向であり、必ずしもSI業界ばかりがエンジニアの働く業界ではないと思い聞かせるようにして業界を去っていくのです。そのような気概のあるエンジニアの場合にはSI業界からの転向をしても転向先で活躍することが多く、やはり忙しい日々になることは有り得ます。しかし、理想を追求するとキリがない業界で働くよりは忙しさは緩和されて家庭生活も両立させられるようになるでしょう。

SI業界からの転向を考える人、転向先の職種について悩む人にはSI業界からの転身術から得られる情報が役に立つと思いますので参考にしてみてください。