SI業界からの転向をする場合

IT業界とSI業界は大きく分類すれば同じものですが、細かく分けていくと違いがあります。SI業界は、IT業界の情報技術を構築している中の一つになっています。そんなSI業界からの転向は同じ業界内ですのでしやすくなります。むしろIT業界内の他の職種に転向しようとするならば、経験豊富な人である場合があるので歓迎されるケースも多いです。ある程度の基礎知識は元からありますし、仕事に慣れるのも早いと期待されますので優遇される可能性もあるかもしれません。

今の時代はネットを使う職種が主流になっていますし、ネットビジネスもかなり多様化してきていますので、その流行に乗っているうちは安定できますが、流行があれば当然廃りもありますので人気がなくなった時でも社会で生き残っていくには大手企業で働くことや他に何かの強みを持っておくことが必要になります。

IT業界においては働く上での資格は特別なくても仕事はできますが、仕事がなくなった時に何か資格を持っているかいないかで違いが出てくることもあります。手に職という言葉があるように、いつ何があるか分からない今の時代ですから何が起きてもいいようにしておくことは必要です。それが、社会でもそうですが人生において生き残る重要な方法になります。

その業界の管理職についている人でも資格は必要ないので誰でも向上心やある程度のスキルがあればなれてしまうのです。しかし、その位置にいくまでに計り知れない努力をしている人も沢山いますので、社会でのし上がっていくのは簡単ではないということです。